豊田市

■発生日時
4月11日(木)午後1時25分頃
■発生場所
豊田市竹町地内
■状況
男が女子生徒のスカートをめくった
■不審者等
男1名、20代後半、身長160から170センチメートル、小太り、なで肩、マッシュルーム型で暗めの金髪、黒色上衣、青色ジーパン、黒縁眼鏡
■対策
愛知県警察公式アプリ「アイチポリス」の防犯ブザー機能を活用しましょう
不審者を目撃した際は、安全を確保した後、警察に通報してください

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

4月8日(月)午後0時5分頃、豊田市小坂町地内で発生した男が児童らに対してスマートフォンを向けたという事案については、行為者が判り解決しました。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

■状況
4月9日(火)、豊田市内の複数の高齢者宅に豊田市役所をかたる者から、医療費控除や健康保険の還付金名目で、銀行口座や携帯電話番号等の個人情報を聞き出そうとする不審な電話がかかってきました。
■対策
・電話で相手が公的機関(市役所、銀行、警察等)を名乗ってもすぐに信用せず、必ず家族や警察に相談してください。
・電話で「還付金」、「暗証番号」等のキーワードが出たら詐欺を疑いましょう。
・自宅の電話を常時留守番電話設定にしたり、被害防止対策機能付電話機を導入する等して、犯人と直接会話をしない対策をしましょう。
・このメールを見た方は周囲の方、特に高齢の方にお知らせください。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

自動車の盗難被害が多発!
■状況
4月8日(月)午後6時30分頃から4月9日(火)午前1時45分頃までの間、豊田市神池町地内において、ランドクルーザープラドの盗難未遂被害が発生しました。今回盗まれなかった車には、純正のセキュリティとは別に振動検知型の警報装置等、複数の防犯対策が組まれていました。
■対策
豊田警察署管内ではランドクルーザープラドやプリウスの盗難被害が多発しています。
・物理的な対策(ハンドル固定装置、タイヤロック等)と電子的な対策(イモビライザー、警報装置等)を組み合わせることが被害防止に効果的です。今回被害にあわなかった車も純正のセキュリティの他に対策をとっていました。
・犯人は下見をしていることが多いので、駐車場にはセンサーライトや防犯カメラを設置して防犯環境を整え、防犯対策をしていることを表示しましょう。
・不審な人物や車両がいた場合は警察に通報してください。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

■発生日時
4月8日(月)午後0時5分頃
■発生場所
豊田市小坂町地内
■状況
男が児童らに対してスマートフォンを向けた。
■不審者等
男1名、年齢20~30歳、体格小太り、頭髪金髪で耳にかかるくらいの長さ、上衣黒っぽい服装
■対策
不審者を目撃した際は、すぐにその場を離れ、安全な場所に避難しましょう。
不審者の特徴を警察に通報してください。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

■発生日時
4月7日(日)午後1時30分頃
■発生場所
豊田市北篠平町地内
■状況
自転車がガードレールに衝突し、10歳代女性が死亡
■事故防止のポイント
自転車の二人乗りは原則禁止(幼児は除く)です。
ヘルメットを必ず着用しましょう。
自転車は車両です。
決められたルールを守りましょう。
■自転車交通違反取締り予告
4月9日(火)午前7時15分から8時15分 挙母町地内
4月10日(水)午前8時から9時 若林町地内

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

税務署をかたる詐欺の電話に注意!
■状況
4月6日(土)午後0時頃、豊田市内の家庭に、税務署をかたる者から「定額減税があります」等と電話がありました。この電話は、銀行やコンビニのATMに誘導してお金を振り込ませる還付金詐欺や、還付金を受け取る口座が古いのでキャッシュカードを交換する必要がある等と言ってキャッシュカードをだまし取る詐欺につながる手口です。
■対策
・確定申告時期の前後に税務署をかたる詐欺の電話が増えています。
 電話の相手が公的機関を名乗っても、すぐに信用せず、家族や警察に相談しましょう。
・電話で「還付金がある。」、「お金が戻ってくる」等の内容は詐欺を疑いましょう。
・このメールを見た方は周囲の方、特に高齢の方にお知らせください。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

「還付金がある」という詐欺の電話に注意!
■状況
4月5日(金)午後3時頃、豊田市内のご家庭に、日本年金機構をかたる者から「還付金があります。2月末までに手続がされてなかったため連絡しました。振込みをするのでオンラインで操作をしてください。職員から再度連絡します。」等と電話がありました。これは、その後相手の指示どおり手続を進めてしまうと、お金を騙し取られる詐欺の前兆電話です。
■対策
・電話の相手が公的機関を名乗っても、すぐに信用せず、家族や警察に相談しましょう。
・電話で「還付金がある。」、「保険料の払戻しがある。」等の内容は詐欺を疑いましょう。

・このメールを見た方は周囲の方、特に高齢の方にお知らせください。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

警察官を騙る詐欺の電話に注意!
■状況
4月5日午前10時頃、豊田市内の高齢者宅に警察官を騙る人物から「息子さんが事故でトラブルになっている。」といった詐欺の電話がかかってきました。
■対策
・官公庁や金融機関の職員を騙ってお金やキャッシュカードをだまし取る詐欺の被害が多発しています。相手の身分をすぐに信用せず、お金やキャッシュカードの話があればすぐに家族や警察に相談してください。
・犯人と直接会話をしないように、自宅の固定電話は常時留守番電話設定にしておきましょう。
・電話の相手に録音する旨を伝える被害防止機能付き電話機の導入を検討しましょう。
・このメールを見た方は周囲の方、特に高齢の方にお知らせください。

■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110

豊田市

<特殊詐欺前兆電話の発生>
 ■状況
 4月4日(木)午後0時45分頃、豊田市葛町(旧足助地区)地内のお宅に、息子になりすまし「同窓会の通知が来てるか」と男の声で電話が架かってきました。
 旧足助地区で本日2件目です。
 こうした電話は、特殊詐欺の被害に繋がる恐れが高いです。また、「受け子」と呼ばれる犯人が地域内に待機しており、このエリア内の他ご家庭が狙われる恐れもあります。
 ■対策
・電話が鳴った時点で、「詐欺かもしれない」と警戒しましょう。
・「電話番号が変わった」という電話は犯人からの前兆の恐れです。警戒しましょう。
・在宅時でも留守番電話設定にして、知らない人からの電話には応対しないようにしましょう。
・怪しいと思ったら電話を切り、絶対に一人で判断せず、すぐに家族や警察に相談しましょう。
・「渡すな危険キャッシュカード」キャッシュカードを警察官や金融機関の者が自宅へ受け取りに来ることはありません。絶対に渡さないようにしましょう。
 ■豊田市の「特殊詐欺対策機器の補助金制度」が本年も継続しています。
  特殊詐欺の防犯対策には、対策機器の導入が効果的です。
  この機会にぜひご検討ください。
  特殊詐欺被害等防止機器購入費補助金
 【補助対象者】
  豊田市に住民登録があり、次の要件をすべて満たす人
  (1)世帯主
  (2)市税を滞納していない人
  (3)過去にこの補助金の適用を受けていない人
  (4)同じ機器に対する他の補助金の交付を受けていない人
  (5)暴力団員ではない人、暴力団又は暴力団員と密接な関係を有しない人
 【補助対象経費】
  公益財団法人全国防犯協会連合会が推奨する優良防犯電話(特殊詐欺被害等防止機)の購入に要した費用(スマートフォン、携帯電話は除きます。)
 【補助金の額】
  補助対象経費の2分の1(上限7,000円、1,000円未満切捨て)
 【申請手続き】
  豊田市役所交通安全防犯課(南庁舎4階)の窓口又は郵送

 ■情報配信
 足助警察署
 0565-62-0110