一斉

■通勤・通学時間帯に交通死亡事故連続発生!

愛知県では、朝の通勤・通学時間帯に交通死亡事故が連続発生しました。
忙しい時間帯ではありますが、時間と心にゆとりを持って家を出ましょう。

通り慣れた道だから、目的地に近づいたからといっても油断は禁物です。
エンジンをかけてから切るまで、気を抜くことなく安全行動を心掛けましょう!

■情報配信
交通総務課

長久手市

■発生日時
1月13日(水)午後5時50分頃
■発生場所
長久手市岩作三ケ峯地内
■状況
軽四乗用車と自転車が衝突し、自転車を運転していた30代男性が死亡したもの。
■自動車を運転する方へ
『夕方の5~7(ゴーナナ)は“魔の時間”』早めのライト点灯を心がけましょう。
「来ないだろう」ではなく、「来るかもしれない」という気持ちを持ちましょう。
交通ルールを守り、ゆとりを持った安全運転を心がけましょう。
■自転車を運転する方へ
頭部を損傷して命を落とす事故が多いため、ヘルメットを着用しましょう。
自転車も車と同じ車両です。交通ルールを守って、交通事故に遭わないようにしましょう。
車や歩行者に発見されやすい反射材を活用しましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊川市

■発生
1月9日(土)午前7時20分頃、豊川市東名町1丁目地内で交通死亡事故が発生
■状況
軽四貨物自動車と歩行者が衝突し80歳代くらいの男性が死亡
■安心して暮らせる安全な豊川を!
運転手の皆さん!運転時は前をよく見て運転に全集中!
歩行者の皆さん!道路を横断する時は左右をよく確認し、横断歩道を渡りましょう!
■情報配信
豊川警察署
0533-89-0110

蒲郡市

■発生日時
1月6日(水)午前8時45分頃
■発生場所
蒲郡市清田町地内
■状況
軽四貨物車と普通乗用車が衝突し、80歳代男性が死亡
■運転の際は、必ずシートベルトをしめましょう。
走り慣れた道でも油断せず、安全運転を心がけましょう。
■情報配信
蒲郡警察署
0533-68-0110

名古屋市熱田区

■発生日時
1月5日(火)午後5時15分頃

■発生場所
熱田区西郊通地内

■状況
信号交差点において、横断歩道を横断中の歩行者と自動車が衝突する交通事故が発生し、歩行者が意識不明の重体となる交通事故が発生しました。

■注意点
信号交差点においては、信号をよく確認して守りましょう。
青色信号でも油断することなく、安全を確認し事故に遭わないよう注意しましょう。
【夕方の5~7は魔の時間】
この時間は交通事故が多発する魔の時間帯です。特に注意しましょう。

■お願い
パトネットあいちは交通事故、不審者などの情報をタイムリーに配信しています。
素早い情報が「あなたの安全・安心」を守ります。
周囲の方へも登録を勧めてください。

■情報配信
熱田警察署
052-671-0110

稲沢市

■発生日時
12月30日(水)午前1時00分頃
■発生場所
稲沢市高御堂5丁目地内
■状況
トラックと歩行者が衝突し、歩行者の40歳代男性が死亡
■ドライバーの方へ
夜間は視界が悪くなるため速度を落とし、ハイビームを活用しましょう。
■歩行者・自転車の方へ
夜間外出する際は、明るく目立つ服装に心がけ、反射材を着用しましょう。

■情報配信
稲沢警察署
0587-32-0110

稲沢市

★交通死亡事故が発生しました。
■発生日時
12月25日(金)午後1時20分頃
■発生場所
稲沢市稲島10丁目地内
■状況
信号機の無い交差点で自転車と普通乗用車が衝突し、70歳代の女性が亡くなりました。
■ドライバーの方へ
交差点を通過する際は、左右・前方の安全をしっかり確認してください。
■自転車に乗る方へ
ヘルメットや反射材を着用しましょう。
■年末は交通死亡事故が多発する傾向があります。悲惨な交通事故をなくしましょう。

■情報配信
稲沢警察署
0587-32-0110

蒲郡市

■発生日時
12月24日(木)午後6時08分頃
■発生場所
蒲郡市三谷町地内
■状況
普通乗用と歩行者2人が衝突し、歩行者の70歳代男性が死亡、70歳代女性が重傷
■ドライバーの方は、早めのライト点灯を心がけましょう。
歩行者の方は、少し遠くても横断歩道や信号を利用しましょう。
■情報配信
蒲郡警察署
0533-68-0110

名古屋市西区

交通死亡事故が発生しました。
■発生日時
12月22日(火)午後10時頃
■発生場所
西区市場木町地内
■状況
信号交差点において普通乗用車と歩行者が衝突し、20歳代男性が亡くなりました。

■情報配信
西警察署
052-531-0110

交通総務課

数字から見る愛知県の交通事故防止のポイント 1月

リンク
https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/jiko/koutsu-s/documents/koutsuujikoboushinopointo202101.pdf

過去5年間の愛知県における交通死亡事故を見ると・・・

■1月の特徴
○歩行者が被害者となる死亡事故が中旬から下旬にかけて急増
特に高齢歩行者は、自宅から500m以内での被害が多数
○路上で寝込んだ泥酔者が車に轢かれる死亡事故も発生

1月は、中旬以降に人や車が本格的に活動を始め、特に歩行者が被害となる交通死亡事故が急増する傾向があります。ドライバーの方は、早めのライト点灯とハイビームを活用するなど、歩行者の早期発見に努めましょう。歩行者の方は、明るい色の服装と反射材の着用をお願いします。(1月の前照灯点灯時刻の目安は、午後4時です。)

■情報配信
交通総務課

■情報配信
交通総務課