豊明市

■発生日時
3月23日(月)午後4時頃
■発生場所
豊明市三崎町地内
■状況
男が児童に対して声をかけてスマートフォンを向けた
■不審者等
男1名、日本人、60歳位、身長160センチメートル位、体格普通、上衣黒色長袖、下衣黒色長ズボン、黒色靴、青色マスク、銀色軽快自転車
■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
3月23日正午過ぎに豊明市内において、金融機関職員を騙る男から「あなたのキャッシュカードが不正に使われている」という内容の特殊詐欺の前兆電話が多数かかっています。

■対策
・自宅の固定電話を留守番電話設定にし、犯人と直接話さないようにしましょう。
・不信な電話がかかってきた際は、家族や友人に相談をしましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
3月23日午前8時頃、豊明市内において家族を騙る男から「友人と食事に行った時、友人から預かった通帳と携帯を失くした。今は家に用意できるお金がいくらぐらいある。」という内容のオレオレ詐欺の前兆電話がありました。
■対策
・自宅の固定電話を留守番電話設定にし、犯人と直接話さないようにしましょう。
・不信な電話がかかってきた際は、家族や友人に相談をしましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
3月20日、豊明市内の高齢者方に市役所職員を騙る男から過払い金の還付がある等の電話があり、その後、自宅に来た女にキャッシュカードを渡し、現金を引き下ろされる被害が発生しました。
■対策
・金融機関の職員や警察官がキャッシュカードを預かることはありません。
・暗証番号は、絶対に他人に教えてはいけません。
・特殊詐欺被害防止のために自宅の固定電話は留守番電話設定にし、不要な電話には出ないようにしましょう。
・不審な電話がかかってきたら、家族や友人等に相談するようにし、1人で悩まないようにしましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
3月4日、豊明市西川町地内において警察官を騙り「詐欺グループを捕まえた。その中にあなたの名前が載っている。」等とオレオレ詐欺の前兆電話が入っています。
■対策
自宅の固定電話を留守番電話設定にして、犯人と直接話さない対策をしましょう。
不審な電話がかかってきた際は、一度電話を切って、家族や友人に相談をしましょう。
■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
2月20日、豊明市二村台1丁目地内において孫を騙り「バイト先のお金を落とした。100万円を補填してほしい。」等との前兆電話がありました。
■対策
自宅の固定電話を留守番電話設定にして、犯人と直接話さない対策をしましょう。
不審な電話がかかってきた際は、一度電話を切って、家族や友人に相談をしましょう。
■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
2月4日、豊明市栄町地内で警察官を騙り「あなたのカードが不正に使われています。早く被害届を出してください。」等のオレオレ詐欺の前兆電話がかかってきました。
■対策
・相手の役職や氏名を確認した後、一旦電話を切り、相手が名乗った機関の代表番号にかけ直す等をしましょう。
・自宅の固定電話を留守番電話設定にし、相手と直接話さない対策をしましょう。
・不審な電話があったときは一人で判断せず、家族や知人に相談しましょう。
■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
2月3日から2月4日にかけて、豊明市内において車上ねらいが合計5件発生しました。
■対策等
車の窓ガラスが割られる被害も発生しています。
車内には現金や貴重品等、物を保管しないようにしましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
1月19日から2月3日にかけて、豊明市阿野町地内において事務所荒しが発生しました。
■対策
夜間、事務所内に現金や貴重品を保管しないようにしましょう。
防犯カメラやセンサーライトを活用するとともに、出入口や窓には、補助錠、警報器等を設置する等、複数の防犯対策を行いましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110

豊明市

■状況
2月2日から2月3日にかけて豊明市栄町地内で空き巣被害が発生しました。
■対策
出掛ける時はわずかな時間でも必ず鍵をかけ、夜間は在宅中でも施錠しましょう。
センサーライトや防犯カメラを設置しましょう。
留守宅内に多額の現金を置かないようにしましょう。

■情報配信
愛知警察署
0561-39-0110